>>>目の下の色素沈着に効くクリームとは?

目の下の色素沈着は皮膚科でレーザー治療するべき?その前に知っておいて欲しいこと

WRITER
 
目の下の色素沈着は皮膚科でレーザー治療するべき?その前に知っておいて欲しいこと
この記事を書いている人 - WRITER -

目の下の色素沈着が取れないから、レーザー治療しよう!

ちょっと待ってください。

レーザー治療は確かにメリットもありますが、それ以上にデメリットが多いものです。

 

レーザー治療の前にこれだけは知っておいてください。

 

レーザー治療の方法をざっくりと

razor2 目の下の色素沈着は皮膚科でレーザー治療するべき?その前に知っておいて欲しいこと
皮膚科で行うレーザー治療は、まずは今のあなたのその症状などをカウンセリングするところから始まります。

その後レーザーを患部へ照射し、色素沈着の原因であるメラニン色素を破壊。

レーザー照射中は、若干の痛みが伴いますが、激痛というほどではありません。

目の下の色素沈着をレーザー照射した後は、かさぶたができ、徐々に良くなっていきます。
かさぶたが取れて綺麗な肌がよみがえった後、数ヶ月経過を見守る必要があります。

なぜ経過を見守る必要性があるのかというと、メラニン色素の再生成があるからです。

ポイント

メラニン色素は防御反応によって生まれます。

  • 紫外線による刺激
  • 摩擦による刺激

日常生活においてはこれらによってメラニン色素が発生し、色素が沈着してしまいます。

実は肌は、レーザーの照射も同じ刺激と判断します。

このレーザーの刺激により、再度メラニンが発生してしまわないかの経過観察が必要なのです。

 

 

メリット

治るのが早い(と思っている)

レーザー治療しようと考える方は、「治るのが早い」というのが一番の目的ですよね。

一刻も早くこの目の下の色素沈着を取りたいという方が、レーザー治療選択することが多いです。

ただし、経過観察などの期間を考えると一概に治るのが早いとは言い切れない可能性があります。

完治までの期間はなんと6か月程度…。

 

安心感がある

お医者さんに治療してもらえるという安心感でこのレーザー治療を選択する人もいますね。

皮膚のスペシャリストに見てもらえるのであれば、かなり心強いですもんね!

 

 

デメリット

ミスもある

皮膚科医がレーザーをすると言っても、人間ですからまれに失敗してしまうこともあります。

たとえば、色素沈着とよく似た肝斑かんぱんというものがあります。

肝斑かんぱんは色素が薄く、目の下の色素沈着のレーザーでの治療は逆効果になってしまうこともあるのです。

肝斑かんぱんにレーザーを当ててしまうと、逆にそのレーザーによる傷みにより、もともと色素の薄かった肝斑かんぱんが濃くなってしまう場合もあります。

肝斑かんぱんと色素沈着は非常に見分けるのが難しいため、間違えて照射してしまうことも。

 

レーザー治療後、色素沈着が濃くなる場合がある

その原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 機材が古い
  • 医師の技術不足
  • 術後の不適切なスキンケア

このように様々な原因があります。

たとえば医師の施術が完璧でも、患者のスキンケアが悪ければ、再び色素沈着が出現してしまうこともあります。

さらに…

特に術後は、新しい皮膚が出たばかりで、非常に弱く刺激を受けやすい状態。

色素沈着が治ったからと言って、ゴシゴシこすったり、アイメイクを濃くしたりすると、すぐに色素沈着の状態へ逆戻りしてしまうのです。

 

火傷っぽくなることも

レーザー照射を平たく言えば、火傷を応用した治療法

照射した部分が火傷することで水ぶくれができたり、ヒリヒリする事があります。

水ぶくれができてしまえば、その部分は再び色素沈着してしまいます。
その場合、再び医者の元へ行かなければなりません。

さらに最悪の場合、治療費の返還トラブルに発展してしまう場合も…。

 

ですから、必ずしもレーザー治療で完璧に色素沈着を直せる事に至るというわけではないのです。

もちろん腕の良いお医者さんや、不運なトラブルにめぐり合わなければ、目の下の色素沈着は治すことができますよ。

 

 

レーザー治療はデメリットの方が大きい

razor2 目の下の色素沈着は皮膚科でレーザー治療するべき?その前に知っておいて欲しいこと

お医者さんに治療してもらえるということで、安心感があることや、即効性を期待してレーザー治療を選択するかと思いますが、レーザー治療にはデメリットもいっぱい。

失敗のリスクや、その際の返金トラブルなど、様々な問題が浮かび上がってくることも「なきにしもあらず」です。

それに加え、多額の費用もかかります。

 

そう考えると、デメリットの方が多い気がしませんか?

 

でも、レーザー治療に踏み切る方も多いですよね。

それはなぜかというと、自分では目の下の色素沈着の治し方がわからないからです。

メモ

逆に、目の下の色素沈着の治し方を知っていれば、わざわざ病院に行ってレーザー照射をしてもらう必要もありませんよね。

ちなみに目の下の色素沈着を治す方法はめちゃくちゃ簡単です。

 

 

目の下の色素沈着は自分で治せる!

ターンオーバーの正常化を!

色素沈着は、要するに皮膚に色がついてしまっている状態

色素沈着を治す方法は、色がついてしまった皮膚をはがせば良いだけの話なのです。

もちろん目の下の皮膚をビリビリと破るわけではありません。(笑)
痛いですよね…。そんなことはしません。

ターンオーバーを知っていますか?

ターンオーバーとは

ターンオーバーは肌の生まれ変わりサイクルの事。

razor2 目の下の色素沈着は皮膚科でレーザー治療するべき?その前に知っておいて欲しいこと

 

新しい皮膚がドンドン下から生まれ、古い皮膚はあかとなって剥がれ落ちます。

新しい皮膚が下から生まれてくることによって、人間は常に綺麗な肌を保つことができているのです。

 

あなたの目の下の色素沈着は治らないのは、このターンオーバーが乱れているからです。

ですから、目の下の色素沈着を治すにはターンオーバーの正常化が必須

 

ターンオーバーの正常化はビタミンC誘導体で

razor2 目の下の色素沈着は皮膚科でレーザー治療するべき?その前に知っておいて欲しいこと

 

ビタミンC誘導体であれば、あなたの乱れたターンオーバーを正常化してくれます。

ターンオーバーが正常化すれば、色素沈着した皮膚は垢として排出され、下から生まれた新しく綺麗な皮膚が目元によみがえります。

このサイクルを正常化するだけで、あなたの目の下の色素沈着は簡単に治るのです。

ポイント

見るからに濃い色素沈着というのは、奥の方の皮膚にまで色がついてしまっています。

ですがターンオーバーの正常化を図ることができればそんなのも関係ありません。

下から新しい皮膚が下からよみがえってきますから。

 

ですからレーザー治療の前に、まずは自分でビタミンC誘導体を使用して、ターンオーバーの正常化を図ってみてはどうでしょうか。

 

「でもビタミンC誘導体って何を使えばいいの?」と思いますよね。

結論から言えば、目元専用につくられた目元クリームを使用するだけでOK。

では一体、効果の高い目の下のクマ消しクリームは何がおすすめなのか。

 

次のページでは目の下の色素沈着を改善する方法や目元専用のクリームでないといけない理由などについて詳しく解説しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です